神戸市教育委員会 後援

神戸生物クラブ

 

昭和27年  母体となった「大丸生物同好会」発足
昭和30年 「神戸生物クラブ」設立
兵庫生物学会が中心となり生物同好会を引継ぐ

自然豊かな神戸近郊の野山、川、海で、会員とその保護者を対象に生きもの観察会を行っています。

引率や指導は経験豊かな小学校教員のほか、大学・高校の生物教員、生物研究者、生物教育に熱心な専門家がボランティアで行っています。

10歳までにたくさんの自然体験をすることが、こどもたちの脳の発達に極めて重要ということが発達科学の最近の研究からわかってきました。海と山に囲まれ、豊かな自然に恵まれた神戸の生きものをこどもたちといっしょに観察しながらセンス・オブ・ワンダーを磨きましょう。

8月からの観察会などは ひょうご科学技術協会様のサイエンスボランティア支援事業助成を受けて活動しています。

神戸生物クラブ 

神戸生物クラブ 次回 作品鑑定会のお知らせ

 6月20日の的形海岸観察会は無事終了しました。7月11日の烏原貯水池の観察会は大雨警報で中止いたしました。

8月23日(日)の作品鑑定会については例年の会場、須磨水族園が新型コロナウイルスのためイベントは中止とのことです。須磨水族園は使えませんので、新長田の神戸生活創造センターで行います

時間は午前中のみです。希望者はご面倒ですが kobeseibutukurabu★gmail.com宛に(★を半角
@に変えて)以下の情報を 8月10日(日)までに ご連絡ください。
メールで会員名、鑑定希望の生物(植物・キノコ・貝・水生動物・昆虫・海藻など)を入力して申込ください。
来ていただく時間をお知らせいたします。参加者はマスク着用をお願いいたします。
9月の作品展は小学校理科展が中止を決定したため、取りやめます。

  1. 会員氏名と読み(ひらがな)
  2. 小学校名
  3. 学年
  4. 保護者氏名
  5. 郵便番号
  6. 住所
  7. 連絡先(電話番号)
  8. 連絡先(Email)

※ なお、このデーターは神戸生物クラブの連絡とレクリエーション保険加入、新型コロナ発生の場合のみ使用させていただきます。

【入会申込書】    2020pamf_after-covid-19.pdf

(「2020pamf_after-covid-19.pdf」を右クリックし→「名前を付けてリンク先を保存」してください。)

 よろしくお願いいたします。

神戸生物クラブ 代表 奈島弘明

 副代表 坂本幸生

問い合わせ先 坂本:080-6197-6048